HOME | メッセージ

MESSAGE

2017-11-20

平成29年度人権教育推進委員研修会

今年度の人権教育推進委員講演会は、10月20日(金)に尼崎市教育・障害福祉センター視聴覚室にて、濱田格子さんを講師にお迎えして開催しました。

「家庭でいちばん小さな社会〜そこは安心の居場所ですか?〜」講師  姫路大学教育学部特任講師  濱田 格子 氏
「家庭支援論」「児童家庭福祉」「女性学」など/認定NPO法人子どものみらい尼崎、すこやかプラザ、つどいの広場、絵本『とんとんとん』、七松子ども食事会、ダウン症親子サークル支援 など

 濱田さんのお話はご自身の現場での実践活動に基づくものが多く、家庭内やPTA活動ですぐに使える話が多くあり、とても役に立つ内容でした。
 また数年ぶりに講師を女性に依頼しましたので、多くの女性役員には同感できることが多くあり、充実した講演会になりました。

2017-07-07

平成29年度広報委員研修会

「広報委員研修会」が7月5日(金)中央公民館・大ホールで開催されました。参加者は各単位PTA・育友会の広報委員ほか約150名。講師には、この研修会ではすっかりお馴染みになりました情報誌「南部再生」の編集・発行をされている若狭健作氏をお迎えしました。

「広報紙の作り方」 講師  地域環境計画研究所 若狭健作 氏
今回の研修会のポイントは以下の通り。

読みたくなる広報紙を作成するポイント

  • 知りたい情報は何なのかを考えて情報内容を要約して伝える
  • 文字はできるだけ少なく、伝え方を工夫する
    • 足を運んで実際に取材する
    • 見出し・文体・デザインの工夫
    • 硬、軟の文章
    • 心をつかむ言葉→13文字

編集会議の進め方
前年度コンクール受賞校の良かったポイントの説明
PTA広報紙の隠れたチカラ

  • 読者1,000人のすごいメディアである
  • 校区の超ローカルエリアの情報を知る事ができる
  • 家庭で子どもと一緒に読んで、そこから会話が生まれる

 
終盤は参加者の質問に答えていただき、
「広報紙作りは大変だと後ろ向きにならずに、まず何より皆さん自身が楽しみながら広報紙を作ってください」とのお話しをいただきました。

2017-07-05

平成29年度指導者研修会

尼崎市PTA連合会創立70周年記念事業として「指導者研修会」が6月30日(金)尼崎市記念公園総合体育館研修室で開催されました。参加者は各単位PTA・育友会の会長、執行部役員より135名。冒頭では高谷会長より尼崎市PTA連合会の組織についてレクチャーがあり、続いてBrewer Island小学校(フォスターシティ)にて体育の指導をされている古谷展夫氏より「アメリカの学校とPTAの関係について」お話いただき、講演会に移りました。

「リーダーの心構え」〜私が経験したこと〜 講師 西野信幸 氏
 
現在、尼崎市教育委員会事務局教育次長をされている西野氏は昨年まで中央中学校の校長をされていました。その間は学校園長代表として尼崎市PTA連合会の副会長としてもご尽力いただきました。そうした豊富な経験も踏まえ、これまで心に残った言葉や文章を交えながらご講演をいただきました。

   うけた御は石に刻め かけた御は水に流せ
   先達の教えをベースに自分の考えを上乗せする
   報告・連絡・相談→正確な情報を
            →事前の相談
            →会長の判断に漏れはないか
   愚痴を言うな 叱るな 昔の手柄話をするな
 この研修会で各校会長のみなさんと共に学んだことをしっかりと心に留めて、目の前にある課題を共に考え、この平成29年度の尼崎市PTA連合会の活動をしていきます。

2017-06-30

平成29年度尼崎市公立高等学校合同説明会

尼崎市教育委員会と共催の「尼崎市公立高等学校合同説明会」が6月24日(土)あましんアルカイックホールで開催されました。市内11の高等学校が一堂に会しての説明会も今回で6回目となりましたが、過去最多の1,460人の参加を得た中での開催となりました。
以下は、尼崎市教育委員会の方でまとめていただいた資料をもとに当日の様子をお伝えします。

会場10分前にはすでに長蛇の列

 

受付や駐輪場では事前の打ち合わせ通り各担当者の適切な誘導により大きな混乱もなく入場していただきました。

 
各高校は、ロビーに自校の説明用ブースを設置。目を引くのぼりやパンフレットを用いてのPRが行なわれました。

説明会に先立ち、高谷会長より「我々保護者にとって、本当に子どもが行きたいところを選択していかなければならない。これからの受験に備えて、この説明会をスタートととらえてほしい」と挨拶がありました。続けて徳田教育長より「あきらめずにチャレンジして欲しい。そして、『なんとなく』『友達が行くから』ではなく、自分に合いそうな学校を考えて、それに向けて頑張る気持ちを大切にして欲しい」とエールが送られました。

各高校の先生が、写真や動画を交えて説明


「150科目から授業を選ぶことができる」(武庫荘総合)
「多くの資格を取ることができる」(尼崎工業)
「1クラス20人の少数学級で、きめ細かな指導をしている」(市立琴ノ浦)
など、それぞれの特色をPRしました。

各校のブースでは個別に相談

 

「普通科でもクラブに入れるんですか?」「体育科ではどんな授業が行われるんですか?」などの質問に丁寧に応えていました。

高校生によるPRが年々増加

「パンフレットです。どうぞー」
自分の学校を売り込む高校生。今年度は高校生の参加が増え、高校生による舞台での発表も多かったようです。
説明会に参加した保護者からは「各校の特色を知ることができて良かった。オープンハイスクールでもっと知りたくなった」といった声も聞けました。「昨年も参加して、あまりピンと来なかったけど、今年は集中して聞けた。普通科に興味があったけど、商業科にも興味がわいた」という話を聞かせてくれたのは3年生の女子生徒。
 
当日の模様は動画にしてこのホームページより配信いたします。(7月中予定)ご家庭で進路を話し合う際ご活用しただければ幸いです。

2017-05-30

平成29年度尼崎市PTA連合会定期総会

稲村市長、徳田教育長をはじめ、多数のご来賓の皆様と顧問の先輩方にご出席いただき、5月25日(木)教育・障害福祉センターにて開催されました。
 本年度のスローガンは

子どもの考動力向上「共学・共考・共動」

子どもの教育は、保護者が行うことが基本です。近年、自ら考え行動する力を身に付けていくことが大切であると言われています。それを達成するためには、子どもと保護者が共に活動していく事が必要であると考えています。
目的達成のため、様々なPTA活動を通じて教職員の皆様、PTAの皆様が一致団結して尼崎の子どもたちのために、共に学び、考え、育てるようにしていきます。

尼崎市PTA連合会尼崎市PTA連合会
 
公立高等学校合同説明会MOVIE公立高等学校合同説明会MOVIE
尼崎市尼崎市
尼崎市教育総合センター尼崎市教育総合センター
NPO法人尼崎子ども情報センターNPO法人尼崎子ども情報センター
〒661-0024
尼崎市三反田町1丁目1番1号
尼崎市教育委員会  社会教育課内
尼崎市PTA連合会 事務局
[Tel] 06-4950-0405
[Fax] 06-4950-5658